浮気 女性 特徴

自己承認の欲求が高い女性ほど浮気しやすい

妻の浮気調査

 

「本能的に自己承認の欲求が高い女性」の方が浮気しやすいです。

 

女性は男性よりも自己承認の欲求が強いです。

 

自己承認の欲求と聞くと何だか難しい心理用語に見えますが、要するに愛されたい願望と同じ意味になります。

 

男性以上に女性は他人からの目線や褒め言葉に敏感です。

 

他人から承認・賞賛されたいという言わば本能的な欲求が心の奥底にあり、それを彼氏や夫が満たしていれば、危険な恋愛に及ぶ可能性はありません。

 

その証拠として大多数のOL、主婦の方は誠実に夫婦生活を営んでいます。

 

愛されたい願望が強すぎる方も一部にいます。

 

自己承認欲は手料理を褒められる事、髪型を評価される事、夜の営みにきちんと男性が応じる事などで満たされます。

 

一般的な方々はそういった日常的な行為で、本能的な心理が満足するため、欲求不満から浮気に走る事はまずありませんが、一部に平均的な人々より自己承認欲が著しく強い方々もいらっしゃいます。

 

普通の主婦であれば夫の褒める行動やセックス、献身的な家事や育児参加によって満足感を感じます。

 

しかし、浮気に走りやすい方の特徴として言葉で褒められるだけでは満足できなくなり、また夫一人からの愛情だけでは不満を覚える、といった貪欲な性格があります。

 

夫や彼氏一人からの愛情では納得出来ない、大勢の男性から同時に愛されたいというお嬢様気質な方は、自己承認を満たすという目的から二股以上の恋愛に走りやすく、より自分に愛情を注いでくれる男性を増やそうと、危険な恋愛にのめり込みやすいです。

 

浮気の原因の大半は旦那さんに奥さんが大事にされていないと感じた不満からだということを認識しておくべき

妻の浮気調査

 

「不自然な外出は怪しい」です。

 

奥さんが不倫をしているかどうかの判断基準の一つに不自然が外出があります。

 

会社での仕事中に奥さんにささいな内容でメールを送った際、大抵の場合5分や10分で返信が来ていたのが遅れ気味に帰ってくることが多くなったと思ったら要注意です。

 

簡単に想像できるのが、ラブホテルで不倫相手との性交渉に没頭していれば、メールに気付くはずがないのです。

 

自宅に帰ってから昼間外出していたかを奥さんに聞いた際、相手の名前や行き先をはっきり言わなければさらに浮気の疑惑は深まります。

 

女は浮気を隠すのが上手いと一般的に言われていますが、いつもと違う雰囲気を感じた場合、旦那さんはそれを見抜くカンも養っておきたいものです。

 

浮気の防止はスキンシップからはじめましょう。

 

女性というのは放置されると不倫などにも走りやすいです。

 

不倫相手と昼間からラブホテルに行くほど興奮することはありません。

 

しかし、自宅で旦那さんが手を抜かずに奥さんを愛していれば不倫する気になどなりません。

 

事あるごとに頭を撫でてかわいがることも大事ですし、結婚して年数がたっても夜の営みをおろそかにしてはいけません。

 

浮気の原因の大半は旦那さんに奥さんが大事にされていないと感じた不満からだということを認識しておくべきです。