浮気 証拠集め

今すぐできる証拠集めからまずはやってみる。

浮気の証拠を集める

 

浮気の証拠集めは法律的にアウトではない、簡単な方法からまずは試していきましょう。

 

今すぐでも出来る証拠集めとしては、コンビニやドラッグストアなどのレシートがないか財布や服のポケットをチェックしてみましょう。

 

その他にも車の中なども証拠となるものが落ちていることが多いので、ダッシュボードなどくまなくチェックしてみます。

 

GPS調査などはハードルが少しあがるので、まずは身近なところから証拠集めを開始していきたいものです。

 

 

今の日本では離婚率が上昇している時代であって、多くの人が一度結婚をしても離婚するという選択を取っていることもあります。

 

以前は世間体が気になってなかなか別れることができずに我慢をして結婚生活を続けるという人たちもいました。

 

しかし、最近はバツイチやバツニという人たちもかなりいるのです。それぞれ理由はあるのですが、中には浮気が原因で別れるといったパターンもかなり多いのが現状です。

 

もしも配偶者が浮気をしているのではないかというときには、浮気調査をして証拠を得るようにしたほうが自分にとっては良い方向に進むものです。

 

何らかの方法で証拠を集めていくようにしましょう。

 

証拠の集め方としては、配偶者が他の異性と一緒に密室状態になるような場所に入る写真や映像を撮ったりするというのもいいですし、相手からの手紙や贈り物など親密な関係を思わせるようなもの、メモやメールなどのやり取りがわかるもの、会話の録音なども証拠になります。

 

また、ホテルなどの領収書もいいでしょう。

 

自分でできる部分があれば、行動記録なども残しておくといいですし、探偵に浮気調査を依頼することになっても役に立つことでしょう。

 

冷静に水面下で集めることができるのが一番です。

 

メールの内容だけでは浮気として認定することは難しい

浮気の証拠を集める

 

恋人や配偶者の怪しい行動に不安になって、浮気を疑ってしまうことがあります。

 

興信所に浮気調査を依頼するのが手っ取り早いですが、その前にご自分で手がかりを見つけられたら良いですよね。

 

そこで、やはり一番簡単な浮気調査の方法はお相手の携帯電話の中身をチェックすることです。

 

ただし、つい中身を見てしまい、浮気相手とのメールを発見してしまった場合、その内容は浮気の証拠として成立するのでしょうか。

 

まず第一に、メールの内容だけでは浮気として認定することは難しいです。

 

いざ裁判になったとき、ただ冗談でそのような内容のやり取りをしていただけなど、様々な言い訳ができてしまうからです。

 

なので、証拠とするためにはまず、それ以前に彼が浮気をしているということを認めさせなければなりません。

 

怒るのではなく諭すように確認をし、浮気を認めたらそのことを書面に残しましょう。

 

この時、第三者の立合いがあれば、無理矢理書かされたなどという言い訳ができなくなり、より強い効力を持ちます。

 

また、メールの内容はSDカードに保存しておくより、相手の携帯電話にその画面を表示させた状態をデジカメなどで撮影すると良いでしょう。

 

相手の携帯であると分かるように写っていればなお良いです。この2つが揃っていれば、相手が浮気したことは一目瞭然です。

 

これらは不当に入手された証拠なので、裁判では使えず違法であるというようなな噂もありますが、それは刑事裁判の話で、民事裁判においては入手方法は問われないため、活用することができます。