浮気 兆候

色々なパターンがある浮気の兆候

探偵による浮気調査

 

他に異性のニオイがする、つまり浮気をしているのではないかと疑う場合の兆候としては、いろいろなパターンが考えられます。

 

例えば、夜の営みを拒否するようになったり、帰宅時間が遅くなったり、飲み会といって外に出る機会が多くなったりすることもあるでしょう。

 

また、他の異性を意識して、急に服装や化粧などが派手になったり、若作りをしてみたり、お金の使い方が荒くなったり、携帯電話にロックをするなどのことも女性の場合ではあることです。

 

わりと浮気をしているのではないかということがわかりやすい人では、そういった変化から事実関係を確認していくといいでしょう。

 

 

二人の気持ちがお互いを思いやることで、生涯ともに生きようと決めることになり、結婚をするのですが、時には気持ちがすれ違うこともあることでしょう。

 

それが価値観の違いや他の異性を愛してしまうことなどによって、亀裂が生じて修復ができなくなる場合もあります。

 

夫婦というのは生活をともにすることで、よりよく理解しあうことができるものですが、いつもと少し変わった様子があるとしたら、危機的な状況を想定することにもなるでしょう。

 

それが疑いから現実になったときには、精神的にかなり厳しい状況になってしまうこともあるのです。

 

浮気発覚。または浮気を確信した時にどうするべきか

探偵による浮気調査

 

浮気が発覚した場合、浮気した当人としては、自分の至らなかった点を詫びてやめさせるという方法があります。

 

浮気した場合、多くの男女がその行動に腹を立てて浮気した本人にきつく問い詰めてしまうものですが、少々冷静になり、浮気される原因が自分にもあるということを自分に問いただしてみることも必要です。

 

そして自分なりにそれが分かれば、旦那(妻)に自分の悪かった点を話し、今後はなおすように努力をするから浮気をやめてほしいと懇願すれば奥さんもまったくは無視は出来ないものです。

 

責められず逆に旦那(奥さん)から謝られることで気持ちも動くのです。

 

 

ただし、浮気発覚後、そう簡単には許せない。場合によっては離婚を考えた場合は浮気の証拠を掴むことです。

 

浮気発覚を機に旦那(妻)との離婚を視野に入れたい場合は、まずは証拠写真の入手などを考えて興信所や探偵に調査を依頼することです。

 

不倫の場合は、浮気相手とラブホテルに入る瞬間の写真を撮れば浮気の動かぬ証拠になります。

 

この証拠は裁判の際に旦那さんに非常に有利にはたらきます。

 

 

ただし、裁判で使える浮気の証拠とは継続した肉体関係があったことを証明できる証拠になりますので、自分の力だけで手に入れるのはほぼ無理でしょう。

 

尚、探偵に依頼する料金を惜しんで自分で旦那(妻)の尾行などはしないことです。

 

素人が慣れない尾行をしても失敗する例が大半で、簡単にラブホテルに入る瞬間の写真などはとれないのです。

 

また、尾行を気付かれてしまうケースも多く、逆にその後、警戒されて証拠を掴みづらくなります。

 

場合によっては、知らない間に自分が法に振れる行為をしているケースもあるので注意が必要です。

 

浮気調査の探偵選び