浮気 セックスレス

男性の浮気の原因の1つには夫婦関係の変化が多い

浮気調査は探偵や興信所へ依頼する

 

男の浮気は妻とのセックスレスが原因のことが多いです。

 

夫婦関係が良好な場合、男が外で浮気をする可能性は高くありませんが、何らかの形で夫婦関係に不満を持てば話は別です。

 

例えば結婚して子供が生まれ、子育ての忙しさを理由に奥さんが夜の夫婦生活を拒めば旦那さんは溜まった性的欲求を外で解消する以外に方法はありません。

 

また、女性の場合、仕事の忙しさにかまけて旦那さんが夜の生活を拒めば不倫に走ってしまうケースも多いです。

 

偶然にもこういった不満を持つ男女がタイミングよく出会ってしまった場合、2人は不倫関係になっていくのです。

 

夫婦生活のマンネリも原因の一つです。

 

男に限ったわけではなく、女も目の前のパートナーに刺激を感じなくなることがあります。

 

付き合ったり結婚したりして一緒にいる期間が長くなると必ずこういった時期はきてしまうもので、そこをいかに乗り切るかが末永くいい関係を維持できるかの境目になってくると言えます。

 

女性の場合は女磨きを欠かすわけにはいきませんし、男性も女性に不満を持たせないよう、日々会話することを心がけなければなりません。

 

こういった努力は片方がやっても意味がないので、お互いが歩み寄る姿勢が大切だと言えます。

 

現状、興信所と探偵の違いはほとんどない

浮気調査は探偵や興信所へ依頼する

 

日本の探偵や興信所など調査会社についてです。

 

パートナーの浮気を疑うようになり、調査委会社に依頼して調べてもらう場合、日本では探偵事務所か興信所に依頼する人が多いです。

 

どちらも、浮気調査や素行調査などの、信用調査や行動調査を行う機関ですが、違いもあります。

 

一般的に探偵事務所の方が、詳細なデータを提供できることが多いです。

 

信用調査とは、結婚する相手や雇用する相手、取引先を調査することで個人の場合の信用調査(身辺調査や素行調査)では結婚の場合、親からの依頼も多くなっています。

 

浮気調査は、行動調査になります。

 

パートナーや恋人が浮気しているかどうかを調査します。

 

探偵事務所は、一般的に個人が依頼主であるケースが多いです。

 

依頼で多いのが浮気調査で、家出人の調査やストーカー対策なども行っています。

 

興信所は、もともと取引先の信用調査の需要が増えたことで設立された調査機関です。

 

ですから、企業を調査することが多かったのです。

 

結婚などの信用調査も行っていますが、企業関連の取引調査や雇用調査も多いです。

 

調査員は身分を明かして調査を行うことが多いので、隠された秘密などに関するデータは入手するのが難しいと言われています。

 

それぞれ得意分野はあるものの、それほど差はなく、どちらも守秘義務を厳守しています。

 

現状では興信所と探偵事務所の違いはあまりなく、調査会社自身も細かく区分けはせずにオールジャンルの調査依頼を受けてくれます。