浮気調査 依頼前

出来る限り配偶者の情報を集めておくことで調査がやりやすく、料金も安くなる

探偵による浮気調査

 

浮気調査をプロへ依頼する前に準備しておきたいこととはどういったものがあるでしょうか。

 

浮気調査の依頼前に準備しておきたいこととして第一に挙げられるのは、調査を依頼する配偶者に関するデータ集めです。

 

浮気調査を最後まで自分一人で進めるのは難しい事になります。

 

しかし、浮気をしているであろう配偶者のデータを収集し、それをファイル等にまとめておくことは比較的易しいです。

 

配偶者の部屋に入り、カレンダーのスケジュールを確認する、手帳や日記を見て不審な予定が無いか調べる、周辺の人物に聞き込みを行い配偶者の裏の顔を探る、こういった事は個人でも出来る事柄ですし、浮気調査の名目で行えば基本的に合法とされます。

 

どうやら毎週末、配偶者が誰かと外出しているらしい、こういった少ない手がかりだけでも依頼前に下調べしておけば、探偵事務所の調査スピードが増します。

 

また、情報が多ければ多いほど、調査する日時が特定できて、結果的に料金も安く抑えることが出来るので一石二鳥です。

 

では、探偵事務所に頼む前、これだけは持って行きたいものとはどういったものがあるのでしょうか。

 

ズバリ配偶者の顔写真です。

 

プロの探偵さんは卓越した調査能力を秘めているため、少ない手がかりだけでも配偶者の追跡が始められます。

 

ただ、顔写真があればなお一層迅速に浮気調査が始められます(もちろん、持って行かなくても後で探偵にお願いされます)。

 

特に最近撮影された配偶者の写真、それもバストアップではなく、なるべく全身が写っている物を資料として提出しましょう。

 

浮気調査の探偵選び

 

離婚するにしても、慰謝料請求にしても、関係修復にしても浮気の証拠が必要

探偵による浮気調査

 

配偶者の態度がおかしいと思ったら、浮気を疑うこともあるでしょう。

 

そういった中で、それが真実であるのかどうかということを知るためにも、自力や探偵したりすることで浮気調査をすることができます。

 

 

特にプロの探偵に調査してもらうことで、自分では踏み込みにくいところまで調べることができるので、よりはっきりとした浮気の証拠を得ることができるものです。

 

浮気調査をして、それが事実であった場合には、その浮気の証拠を元に問題解決に向けて動いていくことになります。

 

それが離婚という選択をするのか、関係修復といった形にするのがいいのか、それぞれ道は異なるのですが、やはりこれも当事者間の関係にもよることでしょう。

 

しっかりと浮気の証拠を得ることができたのなら、離婚問題に関しても親権や養育費、慰謝料などにおいても、スムーズに進めることができる可能性も高いのです。

 

また、やり直す方向で検討した場合においても、浮気相手と別れさせることも可能ですし、離婚せずとも慰謝料を請求してお灸を据えたりと、自分の有利に物事を進めることができるものです。

 

ですから、いずれの場合にしても後で有利になるのは、浮気の証拠をしっかりと得た場合になります。

 

 

思い悩むことだけでは解決しません。できることをできる時期にしていくことが大切なのです。

 

ただし、いずれにしろ裁判でも使えるような有効な浮気の証拠とは、「継続的な不貞関係」を証明できる証拠であるため、個人の力で得ることは非常に厳しいでしょう。

 

やはり自分の今後をどのようにも有利に進めていくためには、探偵による決定的な浮気の証拠を掴む必要があります。

 

浮気調査の探偵選び