浮気調査 メリット デメリット

本当に将来の事を真剣に考えた場合、浮気調査を依頼するデメリットよりもメリットの方が大きい

探偵による浮気調査

 

浮気調査を探偵や興信所へ依頼するメリットやデメリットとは何があるのでしょうか。

 

◆浮気調査をするメリット

 

浮気調査をする最大の目的は、離婚するための証拠集めです。

 

不貞行為を理由に離婚する場合、継続的に不貞行為が行われていた事がわかる証拠が必要になります。

 

特に自分は離婚したいけど、相手が離婚したくないと言い張るようなケースで裁判にもつれこんだ場合は、証拠を集めて突きつけなければ離婚を成立させることができません。

 

また、浮気した本人以外にも浮気相手からも慰謝料を請求することもできます(離婚しなくても可能)。

 

裁判で使える不貞行為の証拠には、例えば、浮気相手とホテルに出入りする写真や、浮気相手とのメールや電話のやり取りなどがあります。

 

これらの証拠を自分で集めるという方法もありますが、プロの探偵に任せた方が確実です。

 

プロの探偵は、どのようなものが裁判で使える証拠になるか熟知していますし、調査のノウハウも豊富なので相手にばれずに確実に証拠を収集します。

 

 

◆浮気調査することのデメリット

 

浮気調査をするデメリットは、強いて挙げればそれなりの費用がかかることでしょう。

 

プロの探偵に依頼すれば当然ですが費用がかかります。

 

また、浮気というプライベートなことを他人に相談しなければいけないのを苦痛に感じる人もいます。

 

またプロが調査すれば、ほぼ確実に真実が分かりますが、薄々気づいていたとしても、その判明した真実にショックを受ける人もいます。

 

とはいえ、本当に将来の事を真剣に考えた場合、浮気調査を依頼するデメリットよりもメリットの方が大きいことがわかります。

 

浮気調査の探偵選び

 

継続的に不貞行為(肉体関係)があった証拠が不可欠

探偵による浮気調査

 

◆浮気が原因で離婚するのに必要なもの

 

浮気が原因で離婚する場合に必要なものは、決定的な浮気の証拠です。

 

しかも、「継続的に不貞行為(肉体関係)があった証拠」が必要になります。

 

パートナーの浮気が原因で離婚したい場合、夫婦で話し合って合意に至れば問題なく離婚できます。

 

ですが、浮気している方に離婚する意志がないような場合は、浮気、つまり不貞行為があることを裁判で立証する必要があります。

 

また、旦那(妻)や浮気相手に慰謝料請求をしたい場合も裁判で有効になる浮気の証拠が必要となります。

 

 

◆どうやって浮気を立証するか

 

裁判で浮気を立証する証拠となるのは、浮気相手とラブホテルに出入りする写真や動画、不貞行為を感じさせるメールでのやりとりの記録、浮気相手との会話を録音したテープなどがあります。

 

これらのものを自力で集めるのはかなり大変ですし、なにより自分でやるとバレてしまう危険性があります。

 

場合によっては自分が知らぬ間に法律に触れて訴えられる可能性もありますし、何より時間と労力がかかり個人では限界があるでしょう。

 

 

ですので、浮気調査はプロの探偵に依頼するのが確実ですし、結果的に安上がりです。

 

当然ながら第三者に任せた方が、尾行をする場合でも相手に顔が知られていませんからやり易いのです。

 

 

浮気調査で確実な証拠を得られれば、離婚裁判でも主導権を握ることができます。

 

パートナーへの牽制になるのはもちろん、浮気相手に対して慰謝料を請求する際の強力な武器になります。

 

プロの探偵に調査を依頼する場合の相場は、調査日数や情報量にもよりますが、1件あたりだいたい30万円前後ほどかかりますが、なるべく具体的な情報を多く伝えておけば、調査がやりやすくなるので費用を抑えることができます。

 

浮気調査の探偵選び