浮気調査 動機 目的

離婚にしても関係修復にしてもいずれにしろ浮気の証拠は必要

浮気調査で離婚するのか関係修復するのか

 

浮気調査を依頼する場合、その動機というのは非常に重要になります。

 

ただ単に恋人や配偶者が浮気しているのかどうか?を知りたいというのと、離婚裁判や慰謝料請求のために不倫の証拠を掴むというのとでは必要となる証拠がまったくことなるためです。

 

つまり、単に相手をとっちめたいというだけなら、相手の名前とぼんやりとでも写っている写真だけでも構わないかもしれません。

 

しかし、その程度では裁判では証拠とみなされないのです。

 

継続的な不倫の揺るぎない証拠を提出することが必要です。

 

画像や映像に関しても、鮮明さを求められるのはいうまでもありません。

 

とはいえ、なかなか事前に離婚か関係修復かなど対応まで考えている余裕がないのも理解できます。そういう場合は、とりあえずどうなっても大丈夫なように浮気の確実な証拠だけでも掴んでおく事です。

 

離婚したければ離婚することも逆に拒否することも可能ですし、慰謝料を浮気相手から請求することもできます。もちろん、関係修復の材料にすることもできます。

 

 

配偶者や浮気相手が弁護士を立ててくると、細かい点をすべて追及されることになりますので、完璧な調査書を揃えることがポイントです。

 

そのために、浮気調査を依頼する際には、どの程度のレベルの調査書を作成できるのかを事前に確認しておくことが重要です。

 

さらに、浮気調査を何度も引き受けているプロであることも大事です。そうでないと、的外れな調査をして費用がかさんでしまうことになりかねません。

 

離婚裁判や慰謝料請求などが目的であれば、法律に詳しい探偵を選ぶのがポイントです。

 

そのためにも、無料の相談を利用し、比較検討をすることをおすすめします。

 

浮気調査の探偵選び

 

浮気調査の依頼中にはとにかく平然を装うこと

浮気調査で離婚するのか関係修復するのか

 

愛し合い、信頼する中で結婚ということを決めた二人であっても、その気持ちが一生続くとは限らないのです。

 

毎日生活をともにしていくことで、違和感を感じたり、価値観や生活観が異なることに気づくこともあります。

 

また、他に好きな人ができてしまって、関係が破綻してしまうこともあるのです。

 

しかし、婚姻関係にある二人であれば、片方がそのような状況にある場合に不貞をしているとみなされることになります。

 

肉体関係を伴う異性との付き合いでは正式な離婚理由として認められるのです。

 

そこで決定的な証拠を得るためにも自力で証拠を掴むということでもいいのですが、プロの探偵に浮気調査を依頼することでより確実な証拠を得ることができます。

 

 

費用はかかるのですが、明るい未来のためにも浮気調査をするというのは意味のあることなのです。

 

相手の行動パターンを探偵に伝えることでポイントを絞った調査をすることができるようになります。

 

浮気調査というのはどのくらいの期間がかかるかもわかりません。

 

そこで依頼中に気をつけたいことがあります。

 

それは依頼をしている間も特になにごともないように平常を装うことです。

 

少し違った態度をとることで、配偶者に感じ取られることもあるからなのです。いつもと同じような態度をとるようにします。

 

浮気調査の探偵選び