浮気調査 LINE

相手のライン(LINE)のメッセージや通話記録を見ること

浮気の証拠を集める

 

パスコードを知っている(もしくはかかっていない)という大前提ですが、ライン(LINE)で浮気調査を自分で行う方法としては、相手のライン(LINE)のメッセージや通話記録を見ることです。

 

相手が普段どのような相手にどのような時間帯でメッセージや通話をしているか確認することが浮気調査のスタートとなります。

 

それに規則性がある場合はその相手は頻繁に連絡を取り合う仲であることが分かります。

 

また、相手が隠れてメッセージや通話をしているところを目撃した場合は、その後相手にだれとやり取りをしていたか確認するだけでも尻尾がつかめるかもしれません。

 

よりはっきりと浮気調査を行いたい場合は怪しいと思う相手に対して、本人になりきってメッセージを送るという方法があります。

 

浮気はパートナーに隠れて行うため、メッセージなどは何かキーワードなどを決めて行っている場合が多いです。

 

しかしそれを気にせずメッセージを送ることにより浮気相手は不思議に思い、メッセージを返すときに何か浮気の証拠となるようなメッセージを返信します。

 

それにより浮気の決定的な証拠が見つけられます。

 

ただし、ただ浮気の事実を知りたいというだけでなく、離婚や慰謝料など考えている場合は下手に動くと逆効果になるので注意が必要です。

 

決定的な浮気の証拠を掴むことが難しくなります。

 

ラインは気軽にやり取りができるため、浮気の証拠を見つけ出すことが比較的容易なものです。

 

通話や通話のやり取りを確認することが浮気を見破る方法です。

 

かなり賭けな携帯電話で浮気調査する方法とは

浮気の証拠を集める

 

パートナーまたは恋人が浮気をしているんじゃないかと思うことがありますが、実際に浮気調査をプロの方にやってもらうとものすごく高い値段がかかります。

 

ちょっとびっくりするぐらいです。ですが、自分で相手が浮気をしているんじゃないかと思った場合はどうすればいいのか方法をあげていきます。

 

まず、今自分が持っている携帯とは別に、相手にばれないように新しい携帯電話を購入してください。

 

そして、自分の知り合いの異性を装って相手にメールをして下さい(ケータイのアドレスが変わったから、などと言う理由を付けます)。

 

そして、どんどんメールのやり取りをして仲良くなって行って、相手の様子をずっと伺います。

 

その時に、パートナーまたは恋人の様子をさりげなく伺っていきます。

 

もし、パートナーまたは恋人が最近あまり好きでなく、新しいパートナーまたは恋人を探すために行動しているようなことが見えてきたら、ここで仕掛けます。「私と会いませんか?」と。

 

そうやって、実際に異性と本当にデートするかどうかを見ていきます。これなら自分でも簡単に浮気調査が出来ます。

 

もし、本当に待ち合わせをして相手の人がそこに現れたら、浮気する気が満々だからそこにやってくるのです。

 

実際に待ち合わせの話をしても「自分には恋人がいるから」と断るようであれば大丈夫です。

 

これを自分でやる勇気がなく、第三者に頼むのもいいのですが、その第三者の人がやり取りをしているうちに本当に恋に落ちてしまってはいけないので自分でした方が良いです。