浮気 調べる

相手の携帯電話番号がわかれば、そこから氏名や住所を特定することは可能

浮気相手を追い詰める

 

浮気相手の携帯電話番号から氏名等を調べる必要性と可否についてです。

 

離婚調停において浮気相手から受けた精神的苦痛を慰謝料として請求したいという時には、相手が逃げられないように氏名や住所まで調べておく必要があります。
そして浮気相手との連絡の履歴などから相手の携帯電話番号がわかれば、そこから氏名や住所を特定することはできます。

 

探偵に依頼することで特定することが最も確実な方法ではありますが、費用が掛かりますのでまずは自分で相手の氏名等を特定できる方法をやってみるのも1つの手ではあります。

 

浮気相手の携帯電話番号から氏名等を調べる方法についてです。

 

もっとも簡単な方法はあなた、もしくは協力してくれる方が電話をかけて、相手に住所・氏名を自らしゃべってもらうという方法です。

 

といってもいきなり電話をかけても教えてくれるとは限りません。

 

そこで宅配業者が浮気相手のに乙を受け取ったが、住所が読みにくくなっていて届けることができないため、住所を教えてほしい、というような状況を装って電話をかけて住所を教えてもらうことが考えられます。

 

その時に具体的な氏名も教えてもらうのがよいでしょう。

 

それに対して相手が誰からの荷物かということを聞いてきたら、今配送担当から連絡があったばかりで確認が取れない状況ですと答えれば大丈夫です。

 

ただ、いずれにしろ浮気相手にバレてしまっては逆効果ですので、安全に確実に事を進めていくのであれば探偵や興信所へ依頼しましょう。

 

浮気調査の探偵選び

 

1番効果的な復讐は浮気相手への慰謝料請求

浮気相手を追い詰める

 

浮気相手に復讐を考えているという人は少ないわけではなく、むしろそれで家庭が崩壊したり離婚を迫られたということになると、そうした発想に至るのも自然なことであると言えるでしょう。

 

ただ浮気相手に復讐をする場合、まず絶対に覚えておかなくてはならないのが「違法なことを相手にしてはいけない」ということです。

 

これはどのようなことでも言える大前提で、もし違法なことをしてしまえば浮気相手を不幸にできても自分も不幸になってしまいます。

 

必要な結末は自分は幸福になるか変わらない日常を送り、相手だけが不幸になるというものですから、犯罪などはしてはいけないのです。

 

ではどうすれば良いのかというと、やはり基本になるのは浮気相手への慰謝料請求請求でしょう。

 

現在の民法では結婚している夫婦は配偶者以外の異性との性行為を行ってはならず、行った場合には不貞行為という違法行為として断定をしています。

 

違法行為によって自分が損害を被ったのであればそれにたいして慰謝料を請求することができますから、裁判所に申し立てを行って浮気相手に慰謝料を支払わせてやれば良いのです。

 

金額はケースバイケースではあるものの200万円ほどが平均となっており、相手が高所得者であればそれ以上の額を奪うことが可能です。

 

ただ相手が浮気をしていないと言い張ってくると裁判が揉めやすくなりますから、浮気相手が浮気をしたという証拠を掴むために探偵などに依頼することも検討してみると良いでしょう。

 

継続した不貞行為の証拠を掴むのは自分個人の力では限界があります。

 

本気で浮気相手への復讐を考えるのであれば、探偵や興信所への浮気調査がベストでしょう。

 

浮気調査の探偵選び