浮気調査 離婚 関係修復

離婚にしても関係修復にしても浮気の証拠を掴んでおくこと

浮気調査で離婚するのか関係修復するのか

 

配偶者の動きを不審に思って、浮気を疑うことも時にはあるかもしれないのですが、そういった場合には、相手の行動記録をとっておくことをおすすめします。

 

浮気の兆候として挙げられることとしては、携帯をロックするようになったり、夜の生活を拒否するようになったり、急に生活が派手になって浪費をするようになったり、帰宅時間が遅かったり、帰ってこなくなってしまうことなどです。

 

そういった変化に敏感に気づき、思い悩むようになったら、それが真実であるのかどうかということを探るようにするといいでしょう。

 

自力で浮気調査をすることができればいいのですが、なかなかそれも難しいものです。

 

そこで、探偵などのプロに依頼をして浮気の決定的な証拠を掴むようにするといいでしょう。

 

浮気調査によって、不貞行為をしていることを証明する画像や映像などを得ることができれば、今後かなり自分に有利になることは間違いありません。

 

そこから離婚の方向に進めるのが、復縁するように進めるのかは当事者同士も問題になるのです。

 

離婚をするという方向で進める場合には、手順としてその証拠をもとに協議で話し合いを進めることになるのですが、証拠があれば言い逃れができない状況になります。

 

親権や養育費、慰謝料などについても取り決めをしていきますが、それも不調であれば、調停になります。

 

浮気調査の探偵選び

 

探偵や興信所は浮気の証拠を掴んだ後も相談にのってくれることも

浮気調査で離婚するのか関係修復するのか

 

相手が浮気をして証拠もしっかりと掴んだらきちんと話し合いを持つ事が大事になってきます。

 

その際に言い逃れが出来ないように確実な証拠を複数揃えておく事が大事になってきます。

 

 

浮気調査を行う会社では結果が判明してからどうしたいか相談にのってくれる所が非常に多いです。

 

弁護士などの手配もしてくれる場合もありますが関係修復をしたいのであればどのようなプロセスを踏んでいけばいいかきちんとアドバイスしてくれます。

 

それから相手との話し合いを進めていくという手順になります。

 

 

浮気調査では残酷な結果が示される事がありますが、冷静に対処していく事が大事になってきます。

 

アドバイスをもらったらまず自分自身と対話してみる事が大事です。

 

感情的になってしまうと冷静に話し合いを進める事が出来なくなってしまうからです。

 

 

どうしたいか方向性が決まったら相手との話し合いに入って行くのが最善の方法です。怒りに任せて相手に感情をぶつけてしまうと相手も反発して態度を硬化させてしまう場合があります。

 

冷静に本当の気持ちを伝えて相手を問い詰めない事が大事になってきます。

 

問い詰めない事で相手も愛してくれている事を再認識して深く反省するようになります。関係修復には冷静な手順を踏む必要があります。

 

浮気調査の探偵選び