浮気 どこから 定義

浮気の定義は一般では人それぞれだが、法的には明確

浮気調査で離婚するのか関係修復するのか

 

浮気というのは人によって思いはバラバラです。

 

旦那さんが女性と食事をしただけで浮気と認識する奥さんもいれば、食事くらいならば特に問題視しない女性もいます。

 

また、1対1で異性と食事にいくと激怒しますが複数同士ならば気にしない人もいます。

 

また、食事以外では当然体の関係がありますが、風俗なら恋愛感情はないからOKだとする女性もいます。

 

一般的には浮気の定義とは人それぞれでしょう。

 

 

ですが、実際に浮気が原因で離婚するしないという問題になってくると浮気の定義は明確になります。

 

離婚裁判の症例から判断しますと、浮気がどこからということについては、肉体関係を結んだ時点で成立という定義が裁判では一般的です。

 

さらに「継続した肉体関係」があったことが証明できることが重要です。

 

 

従って男女がラブホテルから出てきた写真を何度かキャッチすれば浮気と判断される訳です。

 

ただし、風俗の場合はこの限りではありません。デリバリーヘルスやホテルヘルスで働く女性とラブホテルから出てきても、それは風俗店のサービスを受けていただけになりますので、金銭を挟んだ関係となり、単なる遊びということになります。

 

ただし、お店を通じて親密な関係になり、その女性が金外の時間に会っていた場合は浮気という判断がなされます。

 

ちなみに浮気相手の自宅から配偶者が出てくるところを写真で収めた場合はラブホテルと違ってより多くの写真が必要になります。

 

浮気調査の探偵選び

 

浮気を疑うチェックポイントとは

浮気調査で離婚するのか関係修復するのか

 

最近は性別に関係なく、男性も女性も特定のパートナー以外と関係を持つということがあかるみになるパターンがかなりあるものです。

 

これも女性が社会に進出するようになって、男性と同等の立場で仕事をこなしたりするようになっていることも関係していることでしょう。

 

それだけ女性も強さが増しているのかもしれません。

 

 

しかしながら、大好きなパートナーがほかの異性と関係を持っているということがわかるととても嫌な気持ちになります。

 

これが事実とはわからない状態で疑いといった状態であってもすっきりとはしないものです。

 

 

そこでパートナーの浮気チェックとしていくつかのポイントを挙げてみましょう。

 

まずは二人の関係の中で、夜の営みがあるのかどうかということです。

 

お互いの気持ちが大切なのですが、いつもとは違った反応になったり、拒否をするようになったりしたら、危険信号です。

 

本当に疲れているとか、体調の問題などがあれば別ですが、そうでない場合には浮気の可能性が出てくることでしょう。

 

 

また、いつもとは違った服装や身だしなみなど、異性を気にするようになっていたり、携帯電話をずっと持ち歩き、ロックをかけるようになっていたり、帰宅時間が遅くなって家族との時間をおろそかにしたりする場合でも極めて怪しいと思われるのです。